うんこ座りができるのは健康な証拠

ところで僕の実家はとても古い木造一戸建てでした。

 

関東大震災の前後に建てられたとか聞いた記憶があります。

 

その古さというと廊下はギシギシと常に音をたてる天然鴬張り、夜寝っ転がって天井をみると具合によっては星が見えたりもしました。

 

雨漏りもするし、どこからか入ってきた猫が天井裏を突き破って落ちてきたこともあります。

ただ古い木造というのは妙に人っぽい温かみのある気配を感じるもので、とても好きだったのを覚えています。

 

そんな家も20年ほど前に建て替え立派な現代の家に生まれ変わりましたが、ほどなく両親が九州に移住してしまったため今は人手に渡ってしまいました。

事実上僕の実家は無いということになっております(^^;)

 

そんな古い家で30年ほど過ごしていたのですが、大きく現代の様式に置き去られた場所がありました。

 

それがトイレです。

 

それはトイレというにはあまりに古く、汲み取り式という形式を当時まだ採用しており、むしろ厠といったほうがしっくりくるものでした。

 

平成の時代に汲み取り式の和式トイレをずっと使っていたのですね。

 

物心ついたときからずっとそうだったので、特に気にしていませんでしたが学生時代うちに遊びに来た友達はさぞかし嫌だったでしょう・・・。

 

ただこの和式トイレある意味とっても優れたもので現代の日本人が忘れている”うんこ座り”で強制的に下半身が鍛えることができるのです。

 

最近蹲踞で下半身をつくり始めたので、先日久しぶりに足裏をべったりつけたうんこ座りを試したのですが、これが実にキツイのです。

 

何度も怪我をして硬くなってしまっている足首を差し引いても、筋力、バランス、特に柔軟性が衰えており当時は難なくこなしていたあの座り方が、かなり頑張らないと長時間できないという現実。

 

多少なりとも下半身をつくり始めていたので何とかだったのですが、これはもうしっかりと土台づくりをしなければと改めて思った次第。

 

進む時代に置いてきた些細な習慣も一度みつめ直すと、欠けてしまった体作りの大きなピースになるんですね。

 

さあ皆でLet’sうんこ座り!

 

--------------------------------------------------------------------

〒194-0022 東京都町田市森野1-10-9 サンシティ萩原ビル203

TEL:042-812-4185

公式サイトはこちらからどうぞ。

予約はこちらからどうぞ。

 

シェアする
福山をフォローする
カテゴリー
東京の端っこ町田市の整体院「整体処りら福」のブログ
タイトルとURLをコピーしました